Skip to content

100万円を借りれるところ

ilm17_cb04001-s

100万円を借りれるところとは、
どこになってくるかと申しますと、
一般的にどこにでもある消費者金融であったり、
銀行系の消費者金融等になります。

このように色々なところで、借りれるわけですが、借りる金額が、
100万円ということになってくると、銀行系のところに、
借り入れをする方が良いです。
消費者金融業者、バックに銀行がついている消費者金融、
この言葉だけをみてみましても、銀行と言う名前がついている方が
安心感というものは、ございます。
そして、単に安心感があるだけではないのです。
100万円という金額は、多くの人にとりましては、かなりの大金となり、
その大金を借りることになるわけですから、
金利と言う部分もとても大きなウェイトを占めてくるのです。
この銀行系からの借り入れの場合ですと、100万円の借り入れでは、
金利差が僅かであったとしても、その差というものは、
かなり大きな差となってあらわれてくるわけです。

ですから、この金利が低いところで契約を交わして、
100万円を借りた方が、最終的な返済額をみた場合でも、
無駄な利息というものを支払う必要がなくなってくるわけです。

銀行系の場合ですと、金利も低くなっているので、おすすめです。

消費者金融のローンはまとめると返済しやすい

消費者金融のローンは、
まとめることで返済の負担の軽減になります。
借入件数が増えすぎると、
どの業者にいくら返済しているのか分からなくなることがあります。
貸金業法の改正前からローンを利用している方ですと、
7社から借りている方もおります。
これを毎月の家計に組み込んで考えるのは大変です。
一本化すると、返済計画を立てるのが楽になります。
7社から1社まとめることができれば、1社の返済額、返済回数、
支払総額だけに着目すればいいのです。
各社の配分を考えなくていいだけでも楽になります。
債務整理を行うのであれば一本化する必要はありませんが、
将来的に完済する予定ならば、ぜひとも一本化をしておきたいものです。

複数の消費者金融をまとめることで、
債務整理を避けられた方も多いのです。
債務整理を安易に行おうと考えている方がおりますが、
リスクがあることも知っておきましょう。
個人情報機関にブラックリストとして登録される5年間は、
ローンに申し込むことができません。
融資、クレジットなど、ローンに関連するものはすべてダメです。

その間は、すべて現金で支払うしかないのです。
今までローンを利用していた方にとって、
これは非常に大きなデメリットです。
債務整理を行う前に、ローンの一本化を考えてみましょう。

金融機関からの短期借り入れの特徴

金融機関から借入れを行う際には
大きく分け長期と短期に分類する事ができます。

一般的に、長期借入金とは
一年以上かけて返済を行うものです。
まとまった額の高額なローンなどは
この長期借入金に分類されます。

この長期借入金の特徴として
短期的な借り入れよりも
金利が高くなるというポイントがあります。

これは貸し出しを行う金融機関に長期的な負担がかかり、
融資におけるリスクが高くなるためです。
又、金融機関からの借入れには短期借入れがあります。
この短期借入れとは一年以内に
完済をする借入れです。
この短期借入れには
長期借入金とは異なる様々な特徴があります。
ここでは金融機関からの
短期借り入れの特徴についてお話致します。

先ず最初に、この短期借入れの特徴として
金利が低く設定されている

というポイントがあります。
これは貸し出しでの金融機関にかかる負担が
短期間であるためです。

短い期間の貸し出しであれば
利用者の延滞のリスクを低減する事が出来る為に
金利を低くする事ができます。
それ故に、
幾つかの金融機関では新規利用者獲得のために
1ヶ月程度の金利無料のサービスを
提供しているところもあります。
このように短期的な借入れには
長期的な借入れには無い幾つかのメリットがあります。

減額になる場合

いったん決定された利用限度額は固定

というわけではなく、
利用限度額が減額されるという可能性もあります。
信用度合いを下げるような
使用の仕方を続けるということになりますと、
知らぬ間に利用限度額が下がるということになります。

返済遅れや借り入れ件数については
注意したほうがいい
ということになります。
返済遅れが続いたり、
他社借り入れが多くなったり、
勤務先が変わったりする場合は
利用限度額が減額になるということになります。
自社の返済状況は悪くないのですが、
他社の借り入れ状況が悪化したということになりますと、
利用限度額が減額される可能性があります。

phm11_0247-s

利用者の他社の借り入れ状況に関しては
個人信用情報機関に対し
数ヶ月に一度チェックしているということになります。
利用限度額は1度減額されてしまいますと、
2度と増額されないということが多いということになります。
利用限度額が減額されるということになりますと、
利用者の信用度合いが低くなった
ということになります。

利用者に対しての信用がなく、
貸した金が返ってくるのかどうかが
怪しいということになります。

貸し倒れのリスクがある人に関しては
できる限りお金を貸したくない
というのが業者の本音ということになります。

キャッシングの利用可能となるのが早い申し込み方法

金融機関からお金を借りるサービスにキャッシング
というサービスがあります。

キャッシングとはキャッシング専用のカードを発行してもらい、
そのカードをコンビニなどのATMを利用して
お金を借りることが可能となるサービスです。

キャッシング専用のカードを発行しようとした場合、
直接金融機関の窓口へ行く方法もありますが、
最も利用可能となるのが早い方法は
インターネットを利用した申し込みが挙げられます。

インターネットでキャッシングを行うことができる
カード会社を検索すると複数のカード会社が出てきます。
その中でも申し込みを行った時間によっては
即日融資可能となるカード会社もあります。

なぜ窓口へ行くよりも、
インターネットを用いた申し込み方法の方が早いかと言うと、
インターネットでの申し込みの場合、
すぐに審査を開始してもらうことが可能となっているからです。
即日融資可能を掲げているカード会社に至っては
申し込みをしてから数時間以内に電話などがかかってきて、
会社の在籍確認や本人確認などを済ませてもらうことができます。

今現在キャッシングの利用をご希望の方で、
早急にサービスを受けたいとお考えの方は、
インターネットでの申し込みを検討されてみてはいかがでしょうか。

キャッシングが保証人を必要としない理由

キャッシングを利用する際には、
どのような手続きが必要になるのでしょうか。
キャッシングの契約時には、
どのような会社に勤めているのか、
その会社では何年程勤務しているのか、
年収はどの程度のものなのか、
といった収入面に関してのこと、
それから何人家族であるのか、phm23_0957-s
などといった家庭面のこと、
そして今まで金融機関で借金をしたことがあるのか、
今現在はどのような状況なのか、

といったことを基準に、審査を行います。

キャッシングの審査というのは、
どの会社も多少の違いはありますが、
通常はこのようなことを元に、
お金を貸しても良い人物であるのかどうか、
ということを判断します。
ですので、キャッシングの申込みには、
保証人や連帯保証人などという存在は必要ありません。
キャッシングというのは、
返済能力がそれ程ないと判断されている人や、
過去の返済記録などを考慮して、
貸してくれる金額が決められているのです。

もしあまり信用出来ないと判断されている人の場合には、
借りられる金額もそれ程多くはない筈です。
キャッシングは保証人必要なく、
担保などもなしに借りることが出来ますが、
その一方で金利が高いとう特徴があります。

金利が高い理由は、保証人も担保もなしに借りられるからなのです。

借金を計画的に返したい人のお金の借り方

借金を計画的に返したい人のお金の借り方は、
実に堅実であります。
まず、お金を借りる際には、
消費者金融機関よりも銀行ローンを利用します。

安定な収入があり、ブラックリストに載っていない人であれば、
銀行側が行う融資のための審査に通りやすいです。
銀行側としては、お金をカスことを仕事にしています。

そのために、できるだけ確実にお金を貸したいのです。
他方、消費者金融の場合、お金をカスことを目的としているため、
回収することを目的としていません。
消費者金融の場合は利息が高いため、
その利息において商売を行なっているケースが殆んどであるからです。
近郊でのローンは利息が低いために、借金の返済計画を立てやすいのです。
安定した収入があれば、給与から計画性を持って借金を返す事が可能です。
借金を計画的に返したい借入者の場合は、
借入の金額も現実的なものとなります。

住宅ローンの場合は、
月々の収入の中から計画的に返済を行なっていきます。
計画的な借入と返済は、
銀行側としても社会的な信用につながっていきます。

そのため、再び借入を行いたい場合には、
すでに有料債務者としての実績があるため、借入が行いやすくなります。

計画的な借入と返済は重要です。

ilm03_aa08014-s

お金を借りると不利なわけ

お金を借りるのと貸すほうとでは借りるほうが不利です。

例えば10万円を借りて11000円を毎月月末に12回払いで返済するとします。
お金を借りたほうにとっては、
10万円借りて11000円返済なのでそう理不尽には感じないかもしれません。
しかし、返済金額は13万2千円です。
年利32パーセントも利息を払うことになります。
しかも、借金の返済は利息から、ということになります。
本当はお金に色がついているわけではないのですから、
元本も利息もないのかもしれません。
返しているほうは借りたお金を返していると思うかもしれませんが、
借金して最初に返済するのは利息にあたる部分です。

上述の例で言えば、
初めの3ヶ月目の支払いでやっと利息の支払いが完了したことになります。
3ヶ月目以降は実は32パーセント以上の利息となっている点にも
注目しなければならないでしょう。

3ヶ月目に利息が支払い終えたとすれば、
その時点で借りているお金は10万円ではなく99000円になります

貸したほうは、
返済されたお金を他の貸し出しに回したりして更なる利息を生むことができますが、
借りたほうは実際に借りているお金が減っていっているにも関わらず
同じ額を支払い続けなければなりません。

車両担保ローンと自動車の売却

自動車を使ってお金を得る方法には二つあります。gum11_ph06054-s

まずは中古車買取店などに自動車を持ち込みまして売却を行う
というものです。
または、オークションなどで売るようなこともできます。
そちらにつきましては、確かに現金は手に入ります。
しかし、同時に自動車を完全に手放すことが必要です。
さすがに手放すことはできない
といううような方には利用できない方法になるのです。
もう一つある方法は、車両担保ローンというものです。
車両を担保に入れまして、
お金を借りていくローンというものになっています。

それほど珍しいタイプのローンではありません。
一つの担保型ローンの形態です。
こちらのメリットは、
自動車を手放すことをしないで現金を一時的にえることができる
という部分です。
しかし、返済できませんと自動車を手放さなければいけなくなる
ということがあります。
滞納などにもしっかりと気をつきえていかなければいけません

もしも手放していいと考えているなら、
買取サービスを利用していく方がお勧めです。

あくまで担保ローンは、
買取価格よりも低くなることが一般的であるからです。
そのあたりの兼ね合いも計算しまして、
どちらの方法を選んでいくのかを決定していくことがお勧めになります。

2万円を簡単に借りたい方法

2万円を簡単に借りたい方法は、
まずクレジットカードを持っていてキャッシング枠があれば、
そのクレジットカード使って2万円を簡単に借りることが出来ます。
クレジットカードで2万円を借りたい場合は、
コンビニエンスストアのATM機を利用していつでも2万円を借りることが出来ます。

このクレジットカードのキャッシング枠を使って借りるのが一番簡単であります。
またその他に2万円を簡単に借りたい方法は、
消費者金融ローンを利用すれば即日お金を借りることが出来ます

そしてこの消費者金額ローンの中には期限付きではありますが、
無利子でお金を借りることも出来ますので、
返済金利を掛けずにお金を借りたい場合にはお勧め出来る方法です。
またその他の方法としては、
カードローンを利用してお金を借りることも簡単に出来る方法であります。

このカードローンの場合はクレジットカードと同様に、
コンビニエンスストアのATM機でいつでも簡単にお金を下ろすことが出来ることと、
クレジットカードのキャッシング金利18パーセントに比べて、
3パーセント安い金利15パーセントで借りことも出来ます

以上三つの方法が2万円を簡単に借りたい場合の方法であります。